-再就職の方法

2009年8月アーカイブ

再就職での面接

| コメント(0) | トラックバック(0)
転職面接必勝法

 

再就職活動をして書類選考をパスしたら、次は面接です。面接について注意した事を述べてみましょう。

再就職での面接で重要なのは、再就職する際のあなたの姿勢と、志望動機です。再就職するのはなかなか大変な事です。再就職に満足できる事ばかりではありませんし、色々な手続きをこなしながら、情報を探して交渉を進める訳ですから、体力・気力共に消耗する事もあるでしょう。それでも再就職したいからには、確固たる気持ちがなければ出来ません。

企業は、再就職に掛ける意気込みを知る事で、仕事への意欲や人柄を判断しているのです。ですから、再就職にいい加減な気持ちがあるのであれば、多くの再就職希望者を見てきた人事担当者は面接でその点をたやすく見破ってしまうでしょう。再就職は書類選考も、面接も厳しい基準で行われると捉えておきましょう。

再就職の志望動機も同様に、ありきたりな考えを述べるよりも具体的な表現をした方が心象が良いでしょう。例えば、自分の持っている資格を活かして、どのような業績をどのレベルまで引き上げたい目標があるといったように、漠然と「頑張ります」というだけでは注目されません。再就職先に熱意や高い能力納をアピールできるように工夫してはいかがでしょうか。


採用される履歴書・職務経歴書はこう書く

 

再就職する事に決めたら、早速準備に取り掛かります。
先ずは、再就職先を探し、候補となる企業が見つかったならば、人事部などに履歴書などを送付します。再就職での履歴書の書き方は、一般的な書き方同様に経歴、職歴や自己アピール、そして、再就職先になぜその企業を選んだのか志望動機といった事柄を書き込みます。

履歴書には人柄が出るとされます。ましてや、過去何人もの再就職や転職希望者の履歴書を見てきた人事部の人間が見るのですから、自分では気が付かないアラも発見されるものだと考えていて良いでしょう。

履歴書でよく言われるように、丁寧な手書き(最近はパソコンでもOKの企業が増えています)を心がけ、勿論ですが嘘はいけません。また、再就職先にとっては資格や免許は重要ですから、どんなものでも漏れなく書くようにしましょう。

再就職ではしっかりとした自己アピールが出来なければ、採用審査をくぐり抜ける事は難しくなります。再就職する際に、自己アピールとして「コミュニケーション能力がある」といった具体性に欠ける表現をする方がよくいますが、再就職先の企業は客観的な評価を知りたいので、アピールする内容に関する何らかの資格がないと信用される事は殆んどありません。

自信を持って履歴書を書く事は良い事です。しかし、自己満足な内容は避けて、分かりやすく効果的な表現を使う点に注意しながら書くようにしましょう。

 

 世界の有名ブランド  ペットの話題  自動車メーカー  自動車保険とは

再就職情報探し

| コメント(0) | トラックバック(0)

30代からのおいしい転職・再就職活動マニュアル

 

再就職することを決めたのなら、第一にしたいのが再就職情報探しです。再就職や転職する方が増えた現状では、良い結果を出すなら情報探しは外せない事柄です。

再就職情報にはいろいろな方法で探せます。ネット社会になってからは、再就職情報サイトも随分増え、人材紹介会社や人材派遣会社などはそれぞれに独自の特色があるサイトを開設しており、人気のあるところを中心に探し始めると良いでしょう。

再就職では、ハローワークも効果的です。ハローワークではパソコンでの検索システムが利用できるので、自宅にパソコンがない方にはとても便利であり、希望条件を絞った検索も簡単に行えるでしょう。

再就職に口コミを使うのも良い方法です。再就職先での職場の雰囲気を聞ける、友人からの紹介なら採用して貰い易い等、メリットも多いものです。また、再就職情報雑誌や新聞の求人募集広告で探すという方もいます。

ちょっと変わった実例には、再就職希望の企業に、新しい商品開発へのアイデアを書いたレポートを出したのがきっかけとなった方や、お店に顧客として何度も通う内に、再就職したい希望がある事を伝えたら会社の方から声を掛けられたなど、再就職が思いかけずに果たせるケースも少なくありません。
情報探しは広い視野に立って、アンテナを広げておくと良い効果が出せるでしょう。

 

 クレジットカードを作る前に  探せばある色々なアルバイト

再就職と年齢

| コメント(0) | トラックバック(0)

転職&再就職者のための100問100答面接トーク!

 

再就職に最適な年齢はあるのでしょうか。ここでは、再就職と年齢について考えてみましょう。

再就職が最も多い年代とされるのが、20代までの労働者とされます。再就職するおよそ4割から5割を20代までが占めているというデータがあり、再就職・転職が若年層でいかに多いかが分かります。

次に多いのが全体の3割近くを占める30代で、20代が単に仕事の内容と馴染めなかった事が理由に上げられるのですが、再就職する30代ではより安定志向が働いて待遇アップの為に行う場合が多いようです。40代と50代はどちらも1割となっています。再就職が難しくなる年代でもあり、実行に移す方がグッと少なくなりますが、この年代ではリストラが原因になる事も多いでしょう。

極論を言えば、再就職はどの年齢でも行うことが出来、能力さえあれば再就職による待遇アップやキャリアアップする事は可能です。現在、失業率は多少回復したとされるものの、リストラが進み、氷河期と言われている就職難時代の影響は今だ止まずといった状況です。再就職も難しい事は変わりません。

しかし、再就職情報を上手に利用する事で成功させることは出来るでしょう。再就職情報をよく調べ、賢く使っていく事をおすすめします。

 

 心筋梗塞  脳卒中 原因・予防・対策  膝の痛み 原因と対策
カテゴリー
更新履歴
再就職での面接(2009年8月 3日)
再就職での履歴書の書き方(2009年8月 3日)
再就職情報探し(2009年8月 3日)
再就職と年齢(2009年8月 3日)
カテゴリー
更新履歴
再就職での面接(2009年8月 3日)
再就職での履歴書の書き方(2009年8月 3日)
再就職情報探し(2009年8月 3日)
再就職と年齢(2009年8月 3日)